▼英文を入力して下さい。

  • tis
    it is の短縮形
  • better
    (『good』 の比較級;最上級は 『best』)『いっそうよい』,もっとすぐれた
    (『well』の比効級;最上級は『best』)《補語にのみ用いて》(健康が)『いっそうよい』,(病気が)前よりよい,快方に向かって
    (量・距離・時間などが)『もっと多い』
    (…より)『いっそうよく』
    (程度・時間・距離などが)『もっと多く』;(…より)いっそう多く《+『than』…》
    いっそうよい人(物,事)
    《複数形で》一段とすぐれた人々;目上の人,先輩
    …‘を’改善(改良)する,向上させる
  • to
    《方向》(1)(到着の意を含めて)…『へ』,に,まで
    《状況の変化》…[のほう]へ;…に[なるまで],その結果…になる
    《適用範囲》(1)《動詞に伴って》『…に対して』,に,へ
    (2)《形容詞[句]・[代]名倍に伴って》『…に対して』
    《程度・範囲》『…[に至る]まで』
    《時間の終り》『…まで』(till)
    《to one’s+『名』の形で》(…が)『…したことに[は]』
    《比較・対比・割合》『…と比べて』,より,に対して 《名詞的用法》『…すること』
    《形容詞的用法》『…するための,すべき』
    《副詞的用法》『…するために』,して,するとは,すれば
    《独立用法》
    《文全体を修飾する慣用語句》…すれば,してみると,…だが
    短縮文
  • have
    (また《話》『have goy』)〈物〉‘を’『持っている』,所有している(▲進行形にできない)
    (また《話》『have got』)〈親類・友人など〉‘が’『いる』,‘を’持っている,〈召使など〉‘を’かかえている;〈動物〉‘を’飼っている(▲進行形にできない)
    (また《話》『have got』)(特質・付属物として)…‘を’『備えている』,‘が’ある(▲進行形にできない)
    (また《話》『have got』)〈感情・意見など〉‘を’持つ,抱く(▲進行形にできない)
    《『have to』do 《現在完了》《have(has)+過去分詞》
    《現在における動作の完了・結果》…『した』,…『してしまった』
    《現在までの経験》…『したことがある』
    《現在までの継続》(ずっと)…『している』,…『してきた』
    《時・条件の副詞節で未来完了に代えて》…してしまう
    《過去完了》《had+過去分詞》
    《未来完了》《will(shall) have +過去分詞》
    《未来のある時における動作の完了・結果》…『して』[『しまって』]『いるだろう』
  • and
    《語・句・節を対等に結んで》…『と』…,…や…,および
    《数詞を結合して》…『足す』…,…に加えて
    …『しかも』…,…して,同時に…
    《時間的に》『そして』,それから,すると(and then)
    《当然の帰結として》…『ので』,…だから(and so)
    《おもに話》《命令文などの後で》『そうすれば』,そうしたら
    《追加・強調して》それに,しかも
    《対照的な内容を導いて》ところが,しかし(but)
  • lost
    loseの過去・渦去分詞
    『失った』,なくなった,紛失した
    『負けた』;(賞などを)取りそこなった
    (時間・労力などが)『浪費された』
    『此んだ』,滅ビタ,破壊された(destroyed)
    《補語にのみ用いて》(…に)夢中になった,没頭した《+『in』+『名』》
  • than
    《比較級の後に用いて》…『より[も]』,に比べて
    《関係代名詞的に用いて》…『よりも』
    《other,otherwise,else,different などの後に用いて》…より(ほかの,ほかに)
    《rather,sooner などの後に用いて》…『よりむしろ,』…するくらいなら
    《話》《hardly,scarcey の後に用いて》=when,before
    《文》《通例 than whom の形で》…より[も]
    《話》《比較級の後に用いて》…より,に比べて
  • never
    《文の否定》(1)『かつて』…『ない』,一度も…しない(at no time)
    『全く』…『ない』,『決して』…『ない』(not … at all)
    《次に来る語句の否定》『少しも』…『ない』
    《驚き》まさか,とんでもない
  • to
    《方向》(1)(到着の意を含めて)…『へ』,に,まで
    《状況の変化》…[のほう]へ;…に[なるまで],その結果…になる
    《適用範囲》(1)《動詞に伴って》『…に対して』,に,へ
    (2)《形容詞[句]・[代]名倍に伴って》『…に対して』
    《程度・範囲》『…[に至る]まで』
    《時間の終り》『…まで』(till)
    《to one’s+『名』の形で》(…が)『…したことに[は]』
    《比較・対比・割合》『…と比べて』,より,に対して 《名詞的用法》『…すること』
    《形容詞的用法》『…するための,すべき』
    《副詞的用法》『…するために』,して,するとは,すれば
    《独立用法》
    《文全体を修飾する慣用語句》…すれば,してみると,…だが
    短縮文
  • have
    (また《話》『have goy』)〈物〉‘を’『持っている』,所有している(▲進行形にできない)
    (また《話》『have got』)〈親類・友人など〉‘が’『いる』,‘を’持っている,〈召使など〉‘を’かかえている;〈動物〉‘を’飼っている(▲進行形にできない)
    (また《話》『have got』)(特質・付属物として)…‘を’『備えている』,‘が’ある(▲進行形にできない)
    (また《話》『have got』)〈感情・意見など〉‘を’持つ,抱く(▲進行形にできない)
    《『have to』do 《現在完了》《have(has)+過去分詞》
    《現在における動作の完了・結果》…『した』,…『してしまった』
    《現在までの経験》…『したことがある』
    《現在までの継続》(ずっと)…『している』,…『してきた』
    《時・条件の副詞節で未来完了に代えて》…してしまう
    《過去完了》《had+過去分詞》
    《未来完了》《will(shall) have +過去分詞》
    《未来のある時における動作の完了・結果》…『して』[『しまって』]『いるだろう』
  • at
    《場所・位置のある一点》『…で』,『…に』
    《時間・年齢・目盛りなどの一点》『…に』,『…で』
    『…の最中で』,に出席して
    『…の状態に』(『で』)
    『…を目指して』,に向かって
    《移動の経路》…を通って,…から
    《動作・感情などの原因・理由・動機》『…によって』,…を見て(聞いて,知って)
    《運動・動作の方法・様態》…で,…のやり方で
  • all
    《単数形,または数えられない名詞につけて》(ある一つのものについて,その)『全体の』,全…,…じゅう,…全体
    《複数形につけて》(個々を一つにまとめて)『全部の』,すべての
    《複数形,または数えられない名詞につけて》(ある全体の中の)いずれの,およそどの,あらゆる
    《数えられない名詞につけて》できる限りの,最大の
    《単数扱い》(物事について)『全部』,全体,すべて
    《複数扱い》『全員』,みんな
    いっさいの所有物,いっさいがっさい
    『すっかり』,『全く』,もっぱら