▼英文を入力して下さい。

  • their
    『彼らの』,彼女らの,それらの
  • communication
    〈U〉『伝達』,通報,報道
    〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》
    〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言
    〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連牲[機関]
    〈U〉(病気の)伝染,感染
  • may
    《現在・未来の事柄・可能性の推量》…『かもしれない』,たぶん…だろう,…のこともある;《「may have+過去分詞」の形で過去の事柄の推量》…した(だった)かもしれない,たぶん…だったろう
    《but節を伴って譲歩を表して》…『かもしれない』
    《まれ》《疑問文で強い不確実の意を強めて》いったい…だろうか,…かしら
    《許可》…『してもよい』,してもさしつかえない
    《容認》…『しても』(『と言っても』)『さしつかえない』,…する(と言う)のももっともだ
    《能力》…『できる』
    《文》《祈
  • be
    《連結語として補語を伴なって…『である』,…だ,…です
    《位置・場所を表す語句を伴って》(…に)『ある』,いる(occupy a place or situation)
    〈物事が〉『存在する』,ある(exist);〈生物が〉生存する,生きている(live)
    行われる,起こる,発生する(thke place,occur)
    存続する,そのままでいる(remain as before)
    《『be to』 do》
    …する予定である,…することになっている
    …すべきだ
  • much
    (量・程度などが)『多くの』,多量の
    『たくさん』,多量
    《通例否定文の補語として》大した物(事),重要な物(事)
    《動詞・過去分詞を強めて》『大いに』,非常に
    《形容詞・副詞の比較級・最上級を強めて》『ずっと』,はるかに
    《「同じ」の意味の語句を修飾して》たいてい,ほとんど
  • more
    (数・量・程度などが)(…より)『いっそう大きい』,『もっと多く』,ずっと高い《+『than…』》
    《しばしば数詞,any,some,no,a,few,a littleなどを伴って》『それ以上の』,『もっと多くの』
    《単数扱い》(…より)『もっと多く』[『の数』,『量』,『程度』];それ以上[の数,量,程度]《+『than…』》
    《複数扱い》(…よりも)『もっと』(『さらに』)『多数の人』(『物』)《+『than…』》
    (…より)『さらに多く』,もっと《+『than…』》
    《形容詞・副
  • complex
    『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の
    『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)
    複合体,合成物
    コンプレックス,複合(抑鞍されて心に残った複雑なしこり)
  • than
    《比較級の後に用いて》…『より[も]』,に比べて
    《関係代名詞的に用いて》…『よりも』
    《other,otherwise,else,different などの後に用いて》…より(ほかの,ほかに)
    《rather,sooner などの後に用いて》…『よりむしろ,』…するくらいなら
    《話》《hardly,scarcey の後に用いて》=when,before
    《文》《通例 than whom の形で》…より[も]
    《話》《比較級の後に用いて》…より,に比べて
  • we
    『私たちは(が)』,われわれは(が)
    《総称的に》『人は』,われわれは
    《論説・評論などで I の代りに用いて》私たちは,吾人(ごじん)は,筆者は
    《子供・病人などに対して,you の代りに養いて》あなたは
    《君主が公式の場でI の代りに用いて》余は
  • thought
    think の過去・過去分詞
    〈U〉『考えること』,思索,熟考
    〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)
    〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方
    〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》
    〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》
    《a?》《話》少々,ちょっと