ニュアンス子ども英会話 売布教室

小児小学生中学生高校生体験レッスンありニュアンス子ども英会話スピーチコンテスト

ニュアンス子ども英会話 売布教室写真1

ニュアンス子ども英会話

ニュアンス子ども英会話 売布教室写真2

ニュアンス子ども英会話

ニュアンス子ども英会話 売布教室写真3

ニュアンス子ども英会話

ニュアンス子ども英会話 売布教室写真4

ニュアンス子ども英会話 売布教室

実力派の子ども英会話

色々な体験を回ったお母さんが、ニュアンスの体験をご覧になって「みんなこんなに喋れてびっくりした!」とおっしゃいます。様々な英会話教室で英語を教えている先生がニュアンスで初めて教えた時、「この子達ちゃんと英語 が分かる!」と言ったことがあります。是非、体験レッスンで味わって下さい。
大人に負けない実力。

低料金の子ども英会話

お月謝は¥6,300(中学クラス除く)。

ほとんどの子ども英会話教室は月¥8,000〜¥10,000。
比べてみるとニュアンスでは年間で¥25,000〜¥45,000お得。

振替ができる子ども英会話

急に熱がでた、用事で行けなかった場合、月に2回までキャンセルしたレッスンを別の曜日や教室に振替ができます。平均月1回の振替ならニュアンスの低料金でも
年間¥18,000お得 (損をしない)。

場所

場所兵庫県宝塚市
TEL0120-372-815
 

記事

  • 間違えてもいいから!!

    07月30日 09時
    今 回は英語を上達するにはもともと大切なことを話したいと思います。それは間違える事。ある時生徒のお母さんと話していて、いつも子供達に間違えってもいい と説得しますと言ったら“ええ?!間違えてもいいですか?!”と聞かれて驚きました。そうです。間違えってもいいです。間違えってください。間違えなさ い。と言いながら実は間違える事を恐れないでという意味ですね。 勿論英会話の授業の時にわざと違う事を言いたりふざけたりは良くないけど“こいう風に言 うかな”と思ったら口を開けて言ってみなさい。間違えたら先生は勿論怒りません。何も痛い事もない。もし間違えたら正しい事を教えて貰うからおそらく今度 覚えます。
    日本に来てから最初の10年殆ど大人にばっかり英語を教えていたけどこれは1番大きい問題だった。よっぽど自信なければ何も言うおとしない人が多くて大変でした。
    正 直で少しでも間違える事は当たり前。何でも初めてやる時心配が出るはず。例えばけん玉の名人が色んな技をやっているテレビ番組を見ました。自分もやってみ たいから家に置いている剣玉を取り出して、一回目ボールの真中の穴に刺す事は無いでしょう。名人の見本を見て、も一回挑戦、また失敗でしょう。実際の僕の 経験剣玉を100回ぐらやって、やっと真中の穴にさせた。でもそれでも半分偶然だったと思います。次の数十回また失敗だった。成功まで100回位かかりま した。出来た時“やった”という気分でしたがもし周りに見てた人の事気になってやろとしなかったとか一回目の失敗で“やーめた”と言いたら…
  • Ryu先生の練習法

    07月29日 09時 “新しい研究によると、大きな声を出すほど外国語はより早く上達する!”

    実は上の文章は勝手に書いたものなので、そんな研究があるかどうかまったく分からないけど僕は完全に信じています。
     
    10年前テレビで見たもので、ある中国人が新しい英語練習法を作って、かなり話題になっていました。その練習法の一つは英語の表現を叫ぶこと。初めて彼の声を聞いたに時アメリカ人と思った。僕の英語と変わらない。
     
    実 はこの先生は大学の時から英会話を始めた。その時、韓国に留学をしていて英語の試験が不合格のために凄く落ち込んで、絶対英語をマスターすることを決心し ました。それから道沿いの空き地で皆の前で毎日2時間くらい簡単な英語の表現を叫びました”I AM A BOY”, “I CAN SPEAK ENGLISH” などの繰り返し。
     
    また、何でも初めてやるときに間違えたりすることは当たり前なので、それも恐れないで大きな声で何でも言ってみよう。
  • 英語が楽しいか楽しくないか

    07月28日 09時
    今回は英語の授業の楽しさにいついて話したいと思います。
    以前にあるお母さんが「子どもが楽しく英語に通えばいい」とおっしゃいました。確かに楽しい程やる気が出るし、もっと頑張って上達するでしょう。ニュアンスの授業も、いつもできるだけ元気いっぱいの楽しいレッスンを目指しています。
      しかし、子どもによって楽しいという事は違ってきます。例えば、特に幼児の男の子の場合が多い、楽しい=ふざけたり、暴れたりする事。勿論、その場で注意しますが反省せずに、「英語がつまらない!」という反応をすることがあります。
      色んな子どもがいるし、それぞれ性格も違います。僕は各練習をやっている時に敏感に子どもの表情や行動を見ています。 ある練習のとき「A」と言う子が凄く盛り上がっているけど「B」という子が眠そう。その後、別の練習をすれば急に「B」さんが目を覚まして、とても熱心に練習をするけど、今度「A」さんが何となく嫌がっているか緊張をしているという感じがする。
     英語の楽しい学び方は沢山ありますが、時に辛い時もあるはずなので、その時にこそ頑張って辛い時期を乗り越えて、価値があるものを獲得しましょう。
  • 身の回り

    07月27日 09時
    日本ではあちこちに英語の文字や単語、文章などが書かれています。特に子供の服に。英語の単語が目に入った時に練習をしましょう。
    初心者:それぞれの文字の名前を言えるかどうか。“Cute Girl”が書かれていたら”C“スィ ”U“ユー ”T“ティなどが言えるかな?
    中級:それぞれの文字の発音(読み方)を言えるかどう か。”Hot Dog“書かれていたら”ハッ“、
    ”ア“、”トッ“など が言えるかな?
    上級:読めるかな?
     この練習はいつでも、どこでも、気軽にできますので 試して下さい。 
    注意:説明のためカタカナを使いましたが、実際は英語を学ぶ上では絶対に使わないで下さい。発音が違っている事がほとんどですから。
  • 練習方法

    07月26日 09時
    練習と言 いながら実は同じ事を何回も繰り返してやると上手になる。
    例えば、剣玉やヨーヨ などをやった事があるなら分かると思いますが、一回目やろうとしても全然出来ないのが、何回かやってみるとあれ?出来た。この段階で は、コツをつかんだんじゃなくて、多分たまたま偶然に出来た。練習を続けると4、5回の挑戦で1 回出来るなど。 しかし、英語の場合は同じ表現をずっと繰り返して言うだけだと面白くないからゲームの様にします。 次の練習法はもう既に何となく出来る 表現を使ってやる。何となく言えるものは、本当はまだまだ出来ていない。ゆっくり考えながら一応言えても、多分その内に忘れるか、いつか実際に使えるチャ ンスが有っても出て来ない。
        まず、ある程度できる表現でやるけど、例えば ニュアンスの自己紹介の内容で1~4まで言える。それ以上の表現はまだ覚えていない。
    1.   ゆっくり2、3回1~4までを言う。
    2.   もう1 回、時間を量りながらマイペースで(焦らずに)言う。
    3.   その時間を半分程度にした目標を決める。
    4.   その目標の時間内に言えるまで、繰り返して言う。
     1日で出来ないかもしれない。疲れたり、飽きたりし たらそこで諦めて別の日に挑戦する。練習よりゲームの様になって、むきになって目標が達成できるまで何回もやってみたくなる。最終的には、それらの表現を 考えずに言える様になります。これが本当にペラペラという事です。
場所兵庫県宝塚市売布2丁目 5−1
TEL0120-372-815
公式HPhttp://www.nuanceinc.com
Bloghttp://kodomeikaiwa.blogspot.com/
営業時間