TOP > 英文法 > 第5文型

第五文型(S+V+O+C)

S+V+O+C
主語+動詞+目的語+補語
彼は(S) 彼女を(O) 怒った(V) 状態にした(V)。→ 彼は彼女を怒らせた。
He made her angry.
人々は(S) 彼を(O) アメリカ合衆国の大統領に(C) 選んだ(V)。
They elected him President of the USA.
私は(S) それが(O) 真実だと(C) 分かりました(V)。
I found it true. 
友達は(S) 私を(O) 太郎と(C) 呼ぶ(V)。
My friends call me "Taro".
薬を(O) 子供たちの手の届かない所へ(C) 置きなさい(V)。
Keep the medicine away from children.

動詞

第五文型をとる動詞は多くありますが、代表的なものをいくつかピックアップします。 C(補語)はO(目的語)を補足する役割ですので、「O=C」の関係となる動詞がこの文型を作ります。
  • make O C 「OをCの状態にする」
  • keep O C 「OをCの状態に保つ」
  • leave O C 「OをCの状態にしておく」
  • name O C 「OをCと名づける」
  • call O C 「OをCと呼ぶ」
  • choose O C 「OをCに選ぶ」
  • elect O C 「OをCに選ぶ」
  • think O C 「Oを(が)Cだと思う」
  • believe O C 「OをCと信じる」
  • find O C 「OがCだと気づく」
  • judge O C 「OがCだと判断する」