TOP > 英文法 > 関係代名詞 >  関係代名詞とは?

関係代名詞とは?

関係代名詞は2つの文をくっつける役割があります。例えば以下の2つの文は、

彼女にはがいる。その娘はピアニストだ。

She has a daughter. The daughter is a pianist.

関係代名詞を使用することで 1つになります。

彼女にはピアニストをしている娘がいる。

She has a daughter who is a pianist.

The daughter のかわりに who を使用することで2つの文が1つになりました。who 以外にも which, that, whose, whom なども使われ、これらを関係代名詞と言います。また、who は「誰が」、that は「あれは」などに訳されますが、関係代名詞では訳されません。

関係代名詞の種類

関係代名詞には who 以外にも which や that などが使用されます。
 主格(~は、が)所有格(~の)目的格(~を、に)
whowhosewhom
人以外whichwhosewhich
全てthatなしthat

関係代名詞の種類

who

彼には、とてもかわいらしい娘がいる。

He has a daughter. The daughter is very pretty.

He has a daughter who is very pretty.

which

彼女が壁にかかっている絵を描いた。

She painted the picture. It is on the wall.

She painted the picture which is on the wall.

whose

明子にはハナという名の叔母さんがいます。

Akiko has an aunt. Her name is Hana.

Akiko has an aunt whose name is Hana.

whom

彼女が話している人はアレンさんです。

The man is Mr Allen. She is talking with Mr Allen.

The man whom she is talking with is Mr Allen.

彼が結婚した女性はとても美しい。

The woman whom he married is very beautiful.

The woman is very beautiful. he married her.