TOP > 英文法 > 冠詞 > 定冠詞(the)

定冠詞(the)

the は 聞き手も話し手も 「すでに以前話したことだけど?」「具体的にいわなくてもどれかわかるよね?」というニュアンスがあります。 例えば 「the city」 と言った場合、話の前後や共有知識などから「ニューヨーク」なのか「東京なのか」がわかるような場合に the が用いられます。

既出の名詞を表す場合

すでに a book と出した場合、次回からは the book とします。
おじは私に昨日本をくれました。これがその本です。
My uncle gave me a book yesterday. This is the book.

聞く人もわかる場合

聴く人も「それ」でわかる場合(共通知識がある・目の前にある・等)は the を使います。
彼女はナイフで(その)リンゴを切った。
She cut the apple with a knife.

1つだけのもの

太陽( the sun)、地球(the earth)、月(the moon)、方角(東西南北・左右)や 季節を表す名詞には the を使用します。
夕焼けで西の空は真っ赤に輝く。
The sunset glows in the west.
私の家は南向きです。
My house faces to the south.
彼は机を右に移動した。
He moved the desk to the right.

最上級(1つだけ)

最上級も1つだけという意味ですので、the を使用します。
犬(という生物)はかわいい。
A dog is cute.
犬は動物の中で最もカワイイ。
The dog is the cutest animal.

~な人々・もの・事

the + 形容詞 で 「~な人々」「~なもの」「~な事」の代わりになります。
rich people → the rich (裕福層)
young people → the young (若い人たち)
美しいことがいつも良いこととは限らない。
The beautiful is not always the same as the good.