TOP > 英文法 > that節とは? >  主語 + be動詞 + 形容詞 + that ~

主語 + be動詞 + 形容詞 + that ~ 「(主語)が~ことを…」

「主語 + be動詞 + 形容詞 + that ~」の構文で 「(主語)が~ことを…」を意味します。that節は目的語(O)になり、that は省略される事もあります。

彼女は息子が医者になったことを誇りに思っている。

She is proud that her son has become a doctor.

上記の文を分解してみると

①彼女は誇りに思っている

She is proud

②息子が医者になったことを

that her son has become a doctor.

彼女は息子が医者になったことを誇りに思っている。

She is proud that her son has become a doctor.


彼女は息子が医者になったことを誇りに思っている。

She is proud that her son has become a doctor.

彼女と一緒に行けなかったのは残念だ。

I am sorry that I could not go with her.

僕の片言の英語がなんとか通じたのでほっとしました。

I was relieved that I could make my broken English understood.

彼女はそんなに遅いので驚いた。

She was surprised that it was that late.

彼は彼女の感情を傷つけるのではないかと不安に思った。

He was afraid that he might hurt her feelings.